睡眠薬と引きこもり、新陳代謝の関係について

睡眠薬には、とても眠くなる効果があります。

現代の日本では、とてもストレスがおおい社会であるといわれており、うつ病の患者さんの数は、劇的に増加しています。

これは、数年前や数十年前とくらべても、圧倒的な数字です。

うつ病などになると、睡眠薬が必要になるくらいに、睡眠ができなくなります。
大きな不安や将来への絶望感など、自分を取り巻く環境に対応しきれない結果、薬に任せるしかなくなります。

睡眠薬はこのように、眠りについてとても深い効果をあらわしてくれますが、一方で、あまりの眠気に引きこもりになってしまう場合もあります。

これは、単純に引きこもりになってしまう、というものではなく、睡眠薬によって心が安定し、しかしそれと同時に強い眠気に襲われる場合に、昼過ぎまで、または夕方近くまで眠ってしまう、というようなことがあるからです。

これによって、体を動かさないことにより、新陳代謝がうまく働かない、ということがあります。
その結果、体を動かさない、引きこもりのまま、何日も過ぎてしまうと、体の方もなまってしまい、どんどんと筋力が落ちていく、または、新陳代謝が上手にはたらかなくなってしまいます。

特に、若い方の場合には、新陳代謝は運動量などとも、とても関係している事柄であり、健康な人と比べると、ずっと引きこもってしまう場合には、体重の急激な増加や、場合によっては抜け毛などが起こってしまうこともあります。

睡眠薬については、個人差によって効果に違いがあります。

また、その人をとりまく環境によっても、飲む睡眠薬の量というものは調整できます。

環境が悪化していたものが、じょじょによくなれば、睡眠薬を減らし、引きこもりを直すこともできます。

仕事のストレスや日々の生活の悩みよって精神的に乱れ寝付けないってことがあります。睡眠不足が何日も続いてしまうと仕事などに支障が出てしまいます。そんな時は睡眠薬を使ってみましょう。睡眠薬は正しく使えば何の問題も無く安心して使える薬です。