睡眠薬とアルコールの併用は危険

睡眠薬は水や白湯などで服用するのが一般的です。しかし夕食に飲酒している人は、寝る前に睡眠薬を飲むと体に悪影響を与える恐れがあります。睡眠薬とアルコールの併用は、強い眠気を感じさせます。この2つには脳の活動を抑制する作用があるためです。しかし併用することによって脳の活動が抑えられるすぎるので、服用して意識不明になったり夜中に目が覚めた時に転んだりします。アルコールを分解してできるアセトアルデヒドには、脳を覚醒させる効果があるので、アルコールの分解が進む夜中に目を覚ます可能性が高く、転倒のリスクがあります。また睡眠薬とアルコールは肝臓で分解されて、体外へ排出されます。肝臓は薬よりもアルコールを優先して分解しようとするので、薬が長時間体内に残ります。通常より作用が続くので、日中に耐え難い眠気を引き起こすことがあります。翌日まで薬の効果が切れないのは、異常なことで呼吸困難や記憶喪失など重篤な症状が出る恐れがあります。車を運転する人に現れれば、事故が発生して自分は周囲の人の命まで危うくなります。さらに睡眠薬は中毒性の高い薬です。服用して眠れるようになった場合は、精神的にも依存してしまいます。これにアルコールを加えるとさらに眠りやすくなります。一度強い眠気を体験すると、眠れない時にアルコールを飲めばまた眠れると考えて、危険な行動を繰り返しやすくなります。よって薬を服用する日は、飲酒を控えます。禁酒が難しい場合はノンアルコール飲料で我慢します。中にはアルコールと併用が許可されている睡眠薬もあります。メラトニン受容体作動薬という種類で、他の種類と比べるとアルコールとの相互作用が決めて小さいです。

仕事のストレスや日々の生活の悩みよって精神的に乱れ寝付けないってことがあります。睡眠不足が何日も続いてしまうと仕事などに支障が出てしまいます。そんな時は睡眠薬を使ってみましょう。睡眠薬は正しく使えば何の問題も無く安心して使える薬です。