急性不眠症には睡眠薬を飲む前にタウリンを

心配事や仕事のストレス、時差ボケなどで最近眠れない。そんな急性不眠症に悩まされた時、安易に睡眠薬に頼る前に、別の対策を考えてみましょう。睡眠薬を飲めば確かに眠ることはできますが、副作用の心配もありますし、服用を続けることで自然に眠る力が弱まってしまい、睡眠薬がないと眠れないような状態になる恐れもあるからです。

急性不眠症になった時に試してみると良いのが、タウリンの摂取です。タウリンはカキ、イカ、タコなどの魚介類に多く含まれている成分です。効能としては、肝機能の向上や血圧・コレステロールを下げる効果の他、肉体的・精神的な疲労回復が期待できます。これはタウリンが、GABAやグリシン受容体を活性化することで、 抑制性神経伝達物質として機能するためです。簡単に言うとタウリンは、ストレスや不安感を軽減させ、脳をリラックスさせてくれる働きがあるのです。眠りにつくためには脳をリラックスさせることが必要なので、急性不眠症にはタウリンがお勧めなのです。

タウリン摂取する方法としては、食物から摂る方法とサプリメントから摂る方法があります。タウリン単体のサプリメントは薬事法の関係で日本では購入することができませんので、海外のサプリメント通販を利用することになります。日本で販売されているサプリメントでは、牡蠣やしじみのエキスのサプリメントを選ぶと良いでしょう。

こういった方法はもちろん効果が期待できますが、不眠症の根本的な解決策ではありません。タウリンを摂取しても不眠症が改善しない場合は、家族や友人など信頼できる人に心配事や悩みの相談をしてみたり、カウンセラーや医師に相談するなどして、一人で抱え込まないようにしましょう。そして不眠症が慢性化しないように早めに対策を立てていきましょう。

仕事のストレスや日々の生活の悩みよって精神的に乱れ寝付けないってことがあります。睡眠不足が何日も続いてしまうと仕事などに支障が出てしまいます。そんな時は睡眠薬を使ってみましょう。睡眠薬は正しく使えば何の問題も無く安心して使える薬です。