快眠に役立つ睡眠薬とキュアバスタイムの温熱効果

不眠で悩む人は数多く、現在では一般の薬局で、何種類もの睡眠薬が販売されています。これらは医師の処方箋なしでも購入できるため、気軽に利用できると考えがちですが、依存性や副作用についても知っておく必要があります。
日本で主流になっているのは、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬です。これらは比較的安全性が高いとされていますが、転倒などの副作用が生じるケースがあります。また睡眠薬を常用していると、次第に効き目が弱くなってきて、量を増やさないと眠れなくなることがあります。これが耐性や依存性の問題です。安易に薬に頼らず、眠りにつきやすい環境を作ることも大切です。
睡眠を邪魔する音や光は、カーテンやカーペットで効果的に遮断できます。適度な運動は快適な睡眠をもたらします。就寝前に油っこいものを食べたり、飲酒や喫煙をしたりすると、深い眠りを妨げることになります。反対に風呂で心と体をリラックスさせることは、速やかな入眠を促す作用があります。
好みの入浴剤を用いるのも一つの方法です。キュアバスタイムという入浴剤は、ヒマラヤ産の岩塩を原料としています。塩化物泉は湯冷めしにくく、殺菌効果があることで知られていますが、キュアバスタイムも体を芯から温める効果が期待できます。この温熱効果により、20分の入浴で1kmのジョギングと同じカロリーを消費すると言われ、キュアバスタイムはダイエット法としても利用されています。また発汗が促進されることから、デトックスにも有効と考えられます。
なお熱の刺激で血行を促進することは質の良い睡眠につながりますが、42度以上の熱い湯は逆に覚醒作用があるため、ぬるめの湯に浸かるのが入浴のコツです。

仕事のストレスや日々の生活の悩みよって精神的に乱れ寝付けないってことがあります。睡眠不足が何日も続いてしまうと仕事などに支障が出てしまいます。そんな時は睡眠薬を使ってみましょう。睡眠薬は正しく使えば何の問題も無く安心して使える薬です。