心療内科で診断された統合失調症と睡眠薬の関係

統合失調症とは脳の神経を司る機能の障害を生じる神経系の慢性疾患です。一説には快楽やリラックスを司る神経系であるドーパミンやセロトニンの機能に、何らかのトラブルが起きることで引き起こされると言われています。主な症状は陽性症状や陰性症状に分類されます。陽性症状とは初期の状態では睡眠障害や音や気配への過剰反応・焦燥感などを感じやすくなることを言います。やがて不安や緊張感が強まり幻覚や幻聴などの症状や被害妄想などの症状が現れていきます。一方で根気や集中力が湧かない・無気力で常にボーッとしているなどの異変が陰性症状の代表的な状態です。自分の体や心に異変を感じたらまずは信頼できる心療内科を受診することが第一の策です。心療内科ではそれぞれの個々の症状にじっくりと向き合い正しい診断の元に適切な処置を施してくれます。近年では医学の進歩と共に統合失調症の症状を緩和する薬剤も徐々に進歩がみられると言います。中でも統合失調症の初期症状にありがちな眠れないといった悩みの改善には睡眠薬の処方が効果的です。最近では睡眠薬の種類も多岐にわたり、個々の症状の度合いに応じて適切な睡眠薬を処方してくれます。睡眠薬には中々眠りにつけない状態をすんなりと眠りに誘うタイプやじっくりと長時間深い眠りを与えるタイプなどがあります。また夜中に何度も起きてしまう状態に効く睡眠薬など、それぞれの眠りのお悩みの状態を考えて最適なものを使用することが肝心です。仕事やプライベートに深刻な支障が出る前に、心の異変を感じたら早目の心療内科の受診が非常に大切です。一人で悩んでいないで心の内を誰かに聞いてもらうことで、少しずつ症状の改善にも良い影響を与えることが出来るのではないでしょうか。

仕事のストレスや日々の生活の悩みよって精神的に乱れ寝付けないってことがあります。睡眠不足が何日も続いてしまうと仕事などに支障が出てしまいます。そんな時は睡眠薬を使ってみましょう。睡眠薬は正しく使えば何の問題も無く安心して使える薬です。