睡眠薬は頓服として使えば依存することはない

睡眠薬は不眠に悩む人にとっては、睡眠を得るために欠かせない薬です。
しかし、服用には危険が潜んでおり、強い依存性を持っていることが知られています。
もしも、依存症状になった時には、服用する量が少ないと効果が出なかったり、服用していない時には強い不眠症に陥るなどのリスクを伴うのです。
これはアルコールや煙草などと同じ、身体的離脱症状、いわゆる禁断症状が出てしまうからです。
もしも、禁断症状がひどくなれば、ただ苛ついたり眠れなかったりするだけでなく、幻覚なども出てきます。
また、睡眠薬の効果を得ようと、大量に服用してしまうこともあります。
一昔前であれば、睡眠薬の主流はバルビツール酸系と呼ばれるタイプで、脳の中枢神経に働きかけるものでしたから、大量摂取で死に至ることもありました。
しかし現在では大量摂取しても死に至ることのないベンゾジアゼピン系が使われるようになり、医師による処方でもバルビツール系の睡眠薬は手に入れることが困難です。
それでも、依存症が健康的な状態とはいえませんから、適度に使うことが望ましいのです。
では、どのように睡眠薬を使えばよいのかというと、頓服をすることです。
頓服というのは、決まった時間に小分けで飲む分服とは違い、必要な時に服用をするというものです。
常に薬とともに生活するのとは違い、眠れない時の飲めばよいので、依存症になりにくくなります。
不眠が毎日続くこともありますが、ある程度症状が軽減している時には、薬を飲まないとするだけでも、リスクは減らすことが出来ます。
特に睡眠薬が処方されることの多いうつ病の治療では、抗うつ薬と睡眠薬を一緒に飲むと大変危険ですから、頓服にしておくことが無難です。

▼睡眠はとても大切です、睡眠導入剤を購入するというのも考えの一つに入れましょう
睡眠導入剤 通販

仕事のストレスや日々の生活の悩みよって精神的に乱れ寝付けないってことがあります。睡眠不足が何日も続いてしまうと仕事などに支障が出てしまいます。そんな時は睡眠薬を使ってみましょう。睡眠薬は正しく使えば何の問題も無く安心して使える薬です。